犬の食事


 愛犬の笑顔と暮らそう!

 ドッググッズ☆コム       
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
犬の食事  犬の病気  犬のアロマテラピー  犬のフラワーレメディ  犬のマッサージ  犬のグルーミング
 
    TOP>犬の食事


◆犬の食事◆


愛犬の健康を考える上で、食事はとても重要です。
犬であれ人間であれ、口に入れた食べ物から体は作られます。
健康のもとは、やはり毎日の食事なのです。

そのため、愛犬のために体に良い食べ物を選んであげる事は、とても重要です。
犬は、どのような人に飼われるかによって、どのような食事を与えられるかも決まってきます。
だからこそ、愛犬の健康に対する飼い主さんの責任は、とても大きいのです。

犬の食事で一般的なのはドッグフードですが、ドッグフードには大きく分けて
二つのタイプがあります。
一つは水分含有量が10%以下のドライタイプ、もう一つは缶詰などのウェットタイプで、
水分含有量は75%前後となっています。

また、ドッグフードには成長や年齢に応じて、子犬用フード、成犬用フード、老犬用フードが
あります。
子犬用フードは、タンパク質や脂肪が多く含まれていて高栄養なので、病後や
妊娠中にも向いています。
成犬用フードは、成犬の健康を維持していけるような栄養バランスになっています。
老犬用フードは、低カロリー、低脂肪で、運動量が少なくなった老犬に適するように
作られています。

また最近では、愛犬の食事や健康に対する意識の向上から、手作り食を与える飼い主さんも
増えてきました。
手作り食には、肉類や野菜類や穀類などを加熱して作る加熱食と、肉類や野菜類を
生のまま与える生食があります。
生食には、生の食材に含まれている酵素を摂取する事で、消化にかかる負担を軽くする事が
できるという利点があります。

手作り食を作る際には、犬にとって必要な栄養のバランスを考慮する事が大切です。
また、犬種によって体の大きさも違いますし、太っている犬もいれば痩せている犬もいます。
年齢や運動量などによっても食べる量は違ってきます。
体重やライフステージなどを考慮に入れて、与える量を決めるようにしましょう。

ドッグフードと手作り食には、それぞれメリットとデメリットがあります。
ドッグフードには、準備が簡単で比較的安価であるというメリットがある反面、原材料や
添加物が不明瞭な場合があるというデメリットもあります。

手作り食には、食材を自分で選択でき、健康状態に合わせた食事を与える事ができるという
メリットに加え、飼い主さんが愛情をたっぷり込めて作ったごはんを、愛犬が喜んで
食べてくれるという楽しみもあります。
ただ、準備に手間がかかる、ドッグフードに比べて費用がかさむというデメリットもあります。

それぞれの食事のメリット・デメリットを考慮に入れながら、無理のない範囲で、愛犬に合う、
そして飼い主さんの生活スタイルに合う食事を準備して、愛犬の健康を守りましょう。



                犬の食事を学べる講座は、こちら!

                        ↓  ↓  ↓

       リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座サイズ:468x60



商品カテゴリー

 ドッグフード・食器

 おやつ

 サプリメント

 首輪・リード・ハーネス

 お散歩・お出かけ

 ウェア

 ケアグッズ

 室内グッズ

 トイレ・消臭

 おもちゃ

 しつけ

 介護グッズ

 オーナーグッズ


 プロフィール

 当サイトについて

 リンク集


ヒトと愛犬の生活情報誌「いぬのきもち」

GREEN DOG
Copyright (C) ドッググッズ☆コム All Rights Reserved